種類が豊富な海外の薬

bearded man

ここまで紹介してきたED治療薬は、すべて日本で製造販売が許可されているものです。
実際に日本の医療現場でも使われており、多くの勃起不全患者に処方されているので、安心して利用できます。
ただ、ED治療薬は保険適用できないことが多く、レビトラやシアリスの購入にはかなりの金額がかかります。価格は病院によって異なるので、いざ行ってみたらかなり高額だったということも考えられます。
少しでも安い金額でED治療薬を購入したい場合は、海外の薬にも目を向けてみましょう。

海外は日本よりもジェネリックの研究が進んでいるので、様々な薬のジェネリックを手に入れることができます。
日本の薬事法では海外の市販薬を個人の使用に限り輸入することが認められています。海外の薬にまで視野を広げると、薬の選択肢が一気に広がるでしょう。
海外で取り扱われているジェネリック医薬品は日本では未承認のものが多いですが、製造された国では安全確認がされているので、安全に利用できるでしょう。
口コミで評判などを調べながら自分に合ったものを探しましょう。自分に合った薬をジェネリックの中から見つけることができたら、薬代をかなり安く抑えられるはずです。

もちろんジェネリックではない純正のレビトラやシアリスも取り扱っており、病院で購入するよりも安価で購入できるようになっています。
個人輸入の通販サイトはかなり多いので、少しでも安いところを探すとよいでしょう。薬の価格が病院よりも安いのはもちろん、診察費などの金額がかからないので、病院で処方してもらうよりもトータルで安くなる可能性が高いです。
もちろん中身は日本で作られているものと同じなので、安心して利用できます。