持続力のシアリス

medicines

ED治療薬のことを包括してバイアグラと呼ばれることがありますが、それはバイアグラが発売された時の衝撃がとても大きかったことによります。
バイアグラが世界で初めて発売されたのは1998年のアメリカでのことです。当時のアメリカでバイアグラは「夢の薬」ともてはやされるほどの人気ぶりで、すぐに日本でも製造販売が決まりました。
その後にレビトラなどの薬も発明されたのですが、やはりバイアグラのインパクトは大きかったようで、今でも「ED治療薬といえばバイアグラ」というイメージが強くなっています。
レビトラが発売されてからはそちらの方が人気ですが、今でもバイアグラは販売されていて、購入することが可能になっています。

バイアグラが発売されて、その次にレビトラが発売されて、今ではそれに次ぐ「第三の治療薬」も日本国内で製造販売されています。
それがシアリスという薬で、バイアグラともレビトラとも異なる効果を持っているので、うまく使えればかなり便利なED治療薬だと言えます。
シアリスの最大の特徴は、持続力にあります。レビトラが10分前後で効果を発揮するのに対して、シアリスは4時間程度時間がかかります。
事前に服用しておく必要があるといえますが、その持続力はなんと36時間以上です。翌日まで効果を持ち越せる唯一のED治療薬なので、旅行時や、何度も行為に及びたい場合は、レビトラよりも優れているといえます。
もちろん勃起が36時間持続するのではなく、性的刺激を受けたときだけ自然に勃起が起こるようになっていますので、勃起不全になっていることを忘れられるような使用感です。
急なお誘いはレビトラ、旅行時はシアリスという風に使い分けると良いでしょう。